事例4 – NetAppハードウェア障害


システムの概要

  • 16台 x 750GB HDDs を Raid DPの構成で使用しているNetApp FAS ストレージシステム

データ損失の原因

  • HDDが故障し、交換され、再構築(リビルド)が開始されました図5
  • 2台目のHDDが故障し、交換されました
  • 再構築が58%に進んだとき、3台目のHDDが故障し、ストレージ アレイを停止してしまいます

損失されたデータ

  • 14 本のNetApp ボリューム: NFSシェアとして使用され、ソースコードと社員用の共有ファイルが保存されていました。

A1データリカバリーのソリューション

  • ハードウェア障害ですので、リモート接続は行っていません。図6
  • 全てのHDDを弊社のクリーンルームでイメージ作成しました。ハード障害あるいは、リードエラーが含まれるHDDが数台ありました。
  • 欠落された2台のHDDから再構築するために NetApp 専用のRaid DP コントローラをソフトで実現しました。
  • 結果:300万本以上のファイルに7TBの復旧を成功しました。