事例3 – XenServer 復旧


背景

  • ある米国のコンサルティング会社が、パッチをインストールするとCitrix XenServer のすべての仮想マシンを損失しました。図4
  • 同じディスク上に新たに仮想マシンを作成してしまいました。

復旧作業

  • 論理ボリュームマネージャー(LVM)はVHD用のストレージを管理します。
  • LVMを持つHDDをPCに接続し、そのPCとリモートで接続を行いました。
  • 調査:LVMテーブルには、VHD用の構成情報の4000本以上を見つけました。
  • 復旧: 旧LVMの構成情報を利用し、損失された仮想ディスクとスナップショットを再構築しました。
  • 重要な仮想マシン99% のデータを復旧できました。