信頼できるデータ復旧業者の選び方

データの復旧をしたい……良いデータ復旧業者の選び方

パソコンのトラブルや記憶媒体の破損などに備えて、データのバックアップをとっておくことはとても大切です。しかし、それでもデータの消失を避けられなかった場合には、データ復旧業者への依頼を検討しましょう。ただ、その際は信頼できる業者を選ばなければなりませんので、こちらでデータ復旧業者の見極め方を紹介します。

もっとも重要な技術力をチェックする

データの復旧を依頼するうえでもっとも重要なポイントは、やはり技術力にほかなりません。しかし、データ復旧業者のなかには、市販のデータ復旧ソフトを使用して復旧作業を行うところもあります。市販のソフトを使った復旧作業は、個人でも行える簡単なものですし、高度な復旧作業は困難です。以上からデータ復旧を依頼する際には、自社開発のツールを使用している業者をおすすめします。

業者の対応力によって見極めよう

記憶媒体は、時間と場所を選んで壊れるわけではありません。ときには、ビジネスシーンで故障が生じてしまい、1分でも早い復旧作業を必要とすることもあるでしょう。そのため、緊急時にも即座に対応してくれる業者を選ぶことがとても重要になってきます。ここで気をつけなければならないのは、依頼を受けてから別会社に作業を依頼するようなデータ復旧業者です。このような業者に依頼すると、復旧までに時間を要してしまい、さらなるトラブルに繋がる可能性もあります。

また、海外の業者に委託する業者も避けましょう。セキュリティの側面からみると大変危険です。データ復旧業者を探すときには、自社内で一貫して業務を行うところを選ぶようにしてください。自社内だけで作業が完結する業者であれば、スムーズな対応が期待できるうえに、セキュリティに関しても信頼できます。

エーワンのデータ復旧について

エーワンデータリカバリーサービスは、データ復旧サービスにおける高い実績と歴史を誇っています。1985年以降、実に50万件以上ものデータ復旧を手がけており、国内のみでも4万8000件以上の実績があります。

もともとハードディスクの設計、製造を行っていた点が強みとなっており、ストレージのエキスパートとして他社では困難とされたデータでも、無事復旧した実績があります。

また、エーワンデータリカバリーサービスでは、復旧したデータをスピーディーにお客様の元へ届けるために、ダウンロードにてデータを返却する「クイックリターンサービス」も用意しています。お急ぎの場合には利用してみると良いでしょう。

エーワンでは全ての作業をエーワングループ内のみで行っており、エーワン以外の業者へ依頼することは一切していません。また、エーワンでは作業の95%以上を国内で行っています。テープに関する作業の一部を米国などにあるエーワンで作業する場合もありますが、国外作業が発生する際はお客様の了承を得てからの作業となります。

データの復旧を業者に依頼する場合、金額の安さだけで選ぶのは非常に危険です。作業時間ばかりかかってしまい、結局データの復旧ができなかったという事態になりかねません。あくまでも大切なデータを回収することが目的です。特に物理障害の場合は初回の処置で復旧の可否が決まることも多々あります。安かろう悪かろうとならぬよう、金額だけで判断するのではなく、技術力や対応力などの実用面で見極めましょう。