ノートパソコンの熱対策

ノートパソコンの熱対策~冷却方法と熱の原因とは~

「ノートパソコンを長時間使用していたら、驚くほど熱くなった」という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。熱くなりすぎたノートパソコンは、いきなりアプリケーションや電源が落ちるといったトラブルが発生しやすくなります。それでも何ら対策を打たずに使い続けていると、最終的には故障してしまい、修理に時間と費用がかかる結果になりかねません。そこで今回は、ノートパソコンが熱を持つ原因とよくあるトラブル、そして快適に使用し続けるために知っておきたい熱対策についてご紹介します。

熱くなる二大巨頭はCPUとハードディスク

ノートパソコンが異常に熱を持つ理由は、さまざまな処理によってノートパソコン内部の部品がフル稼働することで、付属の冷却システムでは追いつかないほどの熱が発生してしまうためです。また、ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べて密閉度が高く、熱がこもりやすい設計であることも要因となっています。

ノートパソコン内部にある部品のうち、最も発熱量が高いのはCPUです。その温度は素手で直接触れるレベルを遥かに超え、玉子焼きが作れるほどです。このため、CPUには熱を逃がすための「ヒートシンク」というしくみが用意されています。パイプ内の純水がCPUの熱を吸い取り、蒸気となって本体の外側に移動、そこで冷やされて液体に戻り、再びCPUのところへ…。この循環によって温度を下げています。身近な例を挙げると、夏の道路で行われる「打ち水」が、同様の冷却効果を利用したものです。

また、ハードディスクも発熱量が高い部品のひとつで、CPUと同じく負荷がかかると温度が上がります。通常は40℃ほどで推移しているものが60℃を超えると危険信号で、メーカーの推奨する動作温度を超えてしまいます。ハードディスクにはヒートシンクはつきませんが、ノートパソコンの内部(基板)を冷やすための冷却ファンによって温度がコントロールされます。これは、文字どおりファン(羽)が回転することで外気を取り入れ、CPUやハードディスクなどを冷やす機構です。

CPUもハードディスクもノートパソコンにとって最重要ともいえる部品ですから、これらの温度管理は非常に大切です。このため、両者の温度を監視するツール(ソフトウェア)も多数用意されています。熱が気になる人は導入すると良いでしょう。

ノートパソコンが熱くなりすぎると起こるトラブル

熱くなりすぎたノートパソコンで発生するトラブルの一例を挙げると…

  • 勝手に再起動してしまう
  • データの保存不良や破損が発生
  • 動作中のソフトウェアが固まる
  • マウスやキーボードの応答が停止して操作不能に
  • 障害メッセージが表示される

などが挙げられます。

これらの前兆として「冷却ファンの音が大きく」なり、「CPUやHDDに近い部分が熱を持つ」ようになっています。音と熱はどちらもはっきり感じられるものですから、症状が現れたときはノートパソコンの作業を一時休止します。場合によっては一度電源を落として、温度低下を図りましょう。

これらノートパソコンからの警告を無視して、CPUやハードディスクに高負荷をかけ続けていると、熱によって部品が変形してしまう場合があります。なお、長らく「ハードディスクは高熱の影響で寿命を縮める」という説が広まっていましたが、2016年2月に発表された論文で「相対湿度(※)が故障の原因としては最大」と発表されています。とはいえ、高温環境下での利用が、故障リスクや寿命に関わっていることに変わりはありません。ノートパソコンを長く快適に使用するためには、「放熱対策」が重要なのです。

※ある温度の空気中に含みうる最大限の水分量に比べて、どの程度の水分を含んでいるかを示す値。一般的に湿度を表すときに使用される。

ノートパソコンの間違った冷却方法

ノートパソコンの熱を下げるには、さまざまな方法で冷ます必要があります。そこで、保冷剤をノートパソコンの下に敷いたり、サイズや形の合わない冷却グッズで熱対策を行ったりする人がいるようです。しかし、これらの方法では逆に寿命を縮めてしまう可能性があります。

例えば保冷剤の場合、使用すると内部に結露が発生する場合があります。前述のとおり、湿気(水分)はノートパソコンの大敵です。ハードディスクに限らず、ほかの部品にも悪影響を与えてしまいますので決して使わないようにしましょう。

また、冷却パッドや冷却クーラーなどのグッズは、使用するノートパソコンのサイズや種類(型番)に合った物を選ぶ必要があります。ノートパソコンは機種によって通気口の場所が異なります。違う型のグッズを使用すると、逆にノートパソコンの通気口をふさいでしまい、故障させる原因になってしまうこともあります。

おすすめノートパソコン熱対策3選

最後に、ノートパソコンの熱対策として効果的な方法を3つご紹介します。いずれも高価な道具は必要なく、今すぐにでも実践できるものですから、熱に悩んでいる人はすぐにでも試してください。

ノートパソコンを少し浮かせる

ノートパソコンの場合、底面と本体のあいだに空気の流れがないため、どうしても熱がこもりやすくなります。底面に通気口がある場合はなおさらです。そこで、底面の四隅に台を置いて「空気の通り道を作る」ことで、熱をこもりにくくするのです。この方法では、ノートパソコンがやや不安定になりますので、落下防止策としてすべり止めのシールを貼っておくと良いでしょう。

ノートパソコンの節電設定を利用する

CPUの負担を少なくすることで発熱量を減らす方法もあります。例えば「節電モード・省電力モードに設定する」「画面の明るさを落とす」「グラフィックの設定を低解像度にする」ことです。それぞれの効果は限定的ですが、併用することで大きな効果を生んでくれます。

使用している部屋の温度を下げる

ノートパソコンが熱を持つのは「周囲の温度が高い」ことも関係しています。夏は「エアコンを使う」「扇風機をノートパソコンに当てる」「日が当たらないようにカーテンをする」。冬は「暖房の設定温度を少し下げる」など、部屋の温度が高くなりすぎない工夫をしましょう。

熱を持ったノートパソコンを長時間使用することには、やけどの危険があるほか、故障の原因になり、ノートパソコンの寿命を縮めるといったリスクしか存在しません。ここで紹介したような熱対策を行うことで、ノートパソコンに良い環境を整え、長く快適に使うようにしましょう。