OS(Windows)アップデートの方法と手順


OS(Windows)アップデートの方法と手順~パソコンのアップデート方法~

パソコンを使用していると、定期的にOSアップデートを促す通知が表示されることがありますが、煩わしさを感じてアップデートを行っていないという人もいるかもしれません。しかし、それではパソコンのセキュリティ能力が徐々に下がってしまうということをご存じでしたか?ここでは、パソコンのOSアップデートについて解説します。

パソコンのOSアップデートはしなければいけないの?

パソコンのOSアップデートとは、ソフトウェアを最新の状態にすることです。OSアップデートをしていないけど、今のところ特に問題なく使用できているから……と、そのままにしてしまっている人もいるかもしれませんが、油断してはいけません。

OSアップデートされる内容は、不具合(バグ)を直したり、機能の追加や向上をしたりといったことが主になります。OSには「セキュリティホール」という不具合が発生することがあり、これをそのままにしているとパソコンがウイルスに感染してしまったり、悪意のある人に不正アクセスをされてしまったりする恐れがあります。

OSアップデートでは、このセキュリティホールを塞ぎ、外部からの攻撃を防ぐ環境を作るための修正が行われることもあります。いつ自分がそのような脅威に遭うか分からないので、日頃からOSアップデートは実行するように心掛けてください。

WindowsでOSアップデートを行う方法と手順

Windowsの場合、「Windows Update」を開始するだけで、自動でアップデートが行われます。特別に費用が発生するといったこともありませんので、常に最新のアップデートが施された状態をキープするようにしましょう。

また、前にアップデートを無効にしてしまい、有効に設定しなおす方法が分からなくなってしまったという人は、以下を参考に設定してみてください。

  1. スタートメニューのコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」を選択
  2. 「Windows Update」の欄にある「自動更新の有効化または無効化」という項目をクリック
  3. 開いたウインドウに「重要な更新プログラム」という項目があるので、「更新プログラムを自動的にインストールする」を選択

上記の設定で、重要なプログラムはインストールされます。ほかにも推奨プログラムのインストールを設定する箇所があるので、その設定は内容をきちんと読んで、自分が必要とするシステムだけインストールすれば問題ありません。

OSアップデートをしていればセキュリティソフトは不要?

OSアップデートでセキュリティ対策ができると聞くと、「OSアップデートを常に最新の状態に保っていれば、セキュリティソフトが不要になるのでは?」と考える人も出てくるかもしれませんが、それは間違いです。確かに、アップデートをしていないパソコンに比べるとセキュリティは高まっていますが、それでも万全なセキュリティ対策ができるかというと、必ずしもそうではありません。

なぜなら、ウイルスは次から次へと新しいものが作られているので、それに対応できるだけの状態を毎日保てるとは言えないからです。より安全性を高めるためには、セキュリティソフトの導入が必須だということを覚えておきましょう。

ウイルスによる攻撃を受けてしまった場合、軽度の被害であればリカバリーできますが、パソコンが完全に壊れてしまったり、情報漏えいのようなトラブルが起こったりすることもあります。万が一の事態を防ぐためにも、OSアップデートは必ず実行するようにしましょう。その上で、セキュリティソフトの導入も、忘れずに行うことが大切です。

エーワンデータ リカバリーサービスへのご相談

データ復旧ホットライン

パソコンに関するお役立ち情報 記事一覧に戻る