クラウドストレージとは?~サービスのメリットと注意点~

クラウドストレージとは?~サービスのメリットと注意点~

近年は、Web上にデータを保存できるクラウドストレージサービスが充実しており、利用者は年々増加傾向にあるといいます。皆さんのなかにも、すでに利用されている方がいるかもしれません。そこでこちらでは、クラウドストレージサービスの基礎知識をご紹介します。「興味はあるけど手が出しづらかった」という方は、ぜひ参考にして利用をはじめてみてください。

クラウドストレージサービスとは?

クラウドストレージサービスは、Web上にデータ保存のスペースを提供するサービスです。Web上でデータを管理するゆえに、万一のトラブルで元データを失ってしまっても、簡単に復旧できるという大きなメリットを備えています。

クラウドストレージサービスの特徴

データの保存に利用されるクラウドストレージサービスですが、その特徴には以下のようなものがあります。きちんと理解して、クラウドストレージを利用される際の参考にしてください。

インターネットへの接続が必須

クラウドストレージサービスはWeb上のサーバーにデータを保存するので、データを使用するには、インターネットへ接続していなければなりません。逆にいうとインターネットにさえ接続できれば、どのような場所でも利用が可能です。

ハードディスクよりも保存可能な容量が少なめ

基本的にハードディスクよりも保存できる容量は少なめです。ただし近年ではクラウドストレージサービスの容量は増加傾向にあり、なかには1TB以上を提供する企業も登場しています。

無料で使えるサービスもある

いくつかのクラウドストレージサービスは、一定の容量までという条件付きではあるものの無料で利用することができます。無料の範囲内で使い勝手を試し、より使いやすいサービスを探すことをおすすめします。

同期機能が使える

クラウドストレージサービスには同期機能が備わっており、同期の設定をしたフォルダやファイルをパソコン上で変更すると、保存されたデータも変更されるようになっています。設定次第ではどのパソコンからでも変更の反映が可能ですので、自宅と会社で同じデータを共有したいときには非常に便利です。

クラウドストレージサービス利用時に気をつけたいこと

メリットが目立つクラウドストレージサービスですが、やはりいくつかのデメリットが存在します。まず保存先がインターネット上なので、IDおよびパスワードを厳重に管理しなければ、データを盗まれたり、流出したりするおそれがあります。妨害や嫌がらせ目的でデータを削除されてしまう可能性もあるので注意してください。

また、インターネットを介してのデータ管理になるので、ファイルを開いたり作業をしたりするのに時間がかかってしまうことがあります。そのため、容量の大きいデータや大量のファイルを保存するにはあまり向いていないでしょう。

クラウドストレージサービスは、近年登場した新しいデータ管理の手段です。データ紛失の心配はあまりないうえに、どのような場所でもデータの出し入れができるのは大きなメリットといえるでしょう。ただ、安全性が十分に確保されているわけではないために、過信することなく別の方法でバックアップをとるなど、二重三重のデータ管理をしておいたほうが安全です。こちらで紹介したメリットとデメリットを把握して、上手にクラウドストレージサービスを利用しましょう。

関連する項目