RAID6のHDDが故障した際の復旧方法


RAID 6が故障したら

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、複数のHDD(ハードディスク)やSSDを組み合わせて1つのドライブとして認識させる技術のことです。
そんなRAIDの中でも、安心できるRAIDとして選ばれているRAID 6。しかし、RAID 6だからといって油断していると、大事なデータを危険にさらしてしまうことにもなりかねません。可用性の高いRAID 6のメリットを最大限に活かすためにも、RAID 6の特徴と使用上の注意点をご紹介します。

RAID 6とは?

「ダブルパリティ」とも呼ばれるRAID 6は、最低4台以上のHDDを使用して構成するRAIDで、基本的にはRAID 5と同様の技術を用いています。RAID 5は、保存するデータをブロックごとに分けて複数のHDDに書き込み、同時にパリティと呼ばれる冗長コードを作成して複数のHDDに書き込むというシステムでしたが、RAID 6では、さらにそのパリティを二重に作成するのが特徴です。

RAID 5との違い

RAID 5では、HDDが2台故障してしまうとデータの復旧は不可能でしたが、RAID 6ではパリティを二重で作成することで、HDDが2台故障した場合でもシステムは稼動を続けられ、さらにリビルド(※)によってデータの復旧を可能にしました。
RAID 6ではパリティを2つ分作成するので、その容量が必要となります。RAID 5と同じ数のHDDを用意したとしても、実質利用できる容量はRAID 6のほうが少なくなります。

※パリティを元に欠損したデータを演算することで、故障したHDDにあったデータを復元すること

RAID 6のメリット・デメリット

RAID 5の冗長性をさらに高めたシステムであるRAID 6ですが、メリットだけでなくさまざまなデメリットもあります。RAID 6を使用する上で押さえておきたいメリットとデメリットを次にまとめました。

<RAID 6のメリット>
  • HDDが2台故障してもシステムは稼動するため、RAID 5よりも耐障害性が高い
  • HDDの数を増やすほど高速となる
  • パリティの保存にはHDD2台分の容量しか使用しないため、HDDの数を増やすほど容量効率は向上する
<RAID 6のデメリット>
  • パリティを二重に作成するため、RAID 5よりも書き込みに時間がかかってしまう
  • パリティを二重に作成するため、RAID 5よりも容量効率が悪い
  • 必要なHDDの最低数が4台と多いため、導入のコストがかかってしまう

RAID 6に起こりうるおもな障害

システムが継続して稼動できるようにデータの冗長性を高めたRAID 6ですが、それでもデータが失われてしまうことがあります。その要因としては、おもに次の2つが挙げられます。

<データが失われる原因>
  • 停電などによりRAIDの筐体の基盤などがショートして壊れてしまった場合
  • RAIDの冗長性を超える故障が起きた場合(例えば、4台のHDDでRAID 6を構成していて、そのうち3台が故障した場合など)

1つ目の「筐体の基盤のショート」の場合はHDD自体の故障ではないため、比較的容易に修復することができますが、2つ目の「冗長性を超えるHDDの故障」が生じた場合はリビルドが不可能となり、専門的な知識がなければ修復することは難しくなります。ですから、HDDの故障が冗長性を超える前にリビルドを行う必要があります。しかし、リビルドにもリスクが伴うので、その注意点を以下にご紹介します。

RAID 6でもリビルドにはリスクを伴う

RAIDの冗長性を超える故障は、リビルドの最中に起きることが多いといわれています。例えば、2つのHDDが壊れた際にリビルドを行っていたら、さらに1つのHDDが故障してしまったというケースです。
では、なぜリビルドの最中にHDDが壊れてしまうのでしょうか。実はRAIDを構成するために使用されるHDDは、生産された時期が同じ物であることが多いため、HDDの故障の原因が寿命であった場合は、それ以外のHDDにも寿命が近づいているということになります。寿命が近いHDDにリビルドによる負荷がかかると、その寿命を縮めることになり、結果リビルドの最中に壊れて共倒れになってしまうことが起きるのです。
リビルドの失敗によってデータを失わないようにするためには、HDDの故障が生じたら、データ復旧会社に依頼するのが賢明です。

RAID 6でも完全に安全とはいえない

RAID 6は、HDDが2台まで故障しても大丈夫だと安心していると、大事なデータを危険にさらしてしまうことにもなりかねません。定期的に保守業者に依頼するなどしてメンテナンスを行っていれば、HDDの故障に気付くことができますが、そうでなければユーザーが気を付けなければなりません。
RAID 6は1台または2台のHDDが故障した状態でも稼働するため、もしも警告を示すランプが点灯していたとしても、それを深刻と思わずに放置してしまい、3台目のHDDが故障して手遅れになってしまうという例も少なくありません。

RAID 6のデータ復旧はRAID 5より難しい

RAID 5よりも安全なRAID 6ですが、障害が生じた際に、自分でデータの復旧を行うのが難しいのはRAID 6です。その理由はおもに次の2つです。

<RAID 5よりも自分でデータの復旧をするのが困難な理由>
  • RAID 6に対応しているデータ復旧ソフトが少ない
  • RAID 6の故障したデータを分析するのが困難(特殊なパリティの解析をしなければならない)

論理的障害に弱いRAID 6

人為的ミスによる重要なデータの上書きやフォーマット、ウイルス感染、ファイルシステムの破損など、必要なデータがバラバラになったため、読み込めなくなってしまうような障害を論理的障害といいます。HDD本体や部品が壊れて起こる物理的障害とは異なり、論理的障害が生じた際は個人でのデータ復旧は不可能です。RAID 6のデータ保存形式は複雑であるため、データ復旧業者としても、ほかのRAIDを復旧するよりも、さらに高度な知識と経験が必要となります。
さらに、RAID 6ではパリティが二重になっているため、その解析に要する時間もRAID 5の2倍かかります。論理的障害が生じた際には、素人判断で復旧を試みようとすると余計に状況を悪化させてしまうということがあるため、早急にデータ復旧業者に連絡することが賢明です。

復旧できないデータ復旧会社もある

RAIDを復旧するためには、ディスクの順番、パリティを保存する順番、データを分割した際の1ブロックの大きさなどの情報が必要です。もしもこれらの情報が失われている場合は、データ復旧ソフトではもちろんのこと、経験の浅い業者でもデータの復旧ができない場合があります 。
国内初のデータ復旧サービスを提供している弊社では、他社では復旧不能だったというケースにおいても、復旧率60%以上という結果を残しております。

RAID 6を使うなら

RAID 6のデメリットやデータ復旧の難しさなどを説明してきましたが、2台のHDDまで故障してもデータが守られるというRAID 6は、やはり安全性においては安心できるシステムであることに違いありません。ここで紹介した注意点を押さえていれば、大事なデータは安全な状態で使用し続けることができるでしょう。そして、もし万が一障害が生じた場合は、自分で直そうとするのではなく、A1データにすぐにご相談ください。あなたの大事なデータが復旧できるよう、全力で取り組みます。

関連する項目

関連するデータ復旧事例

データ復旧サービスについて